2008.04.28

私が子どもだったころ(車編)

 

NHKBShiで「私が子どもだったころ」という番組をやっている。今第一線で活躍している著名人(芸能人、学者、作家、などなど)の子どものころの話をドラマ仕立にしている番組。日曜日の深夜にたまに遭遇する。名人の年齢によっても違うが、子どものころの時代背景が写し出されて、懐かしい風景や人間関係を微笑ましく思う。

こんな番組をみて、自分の子どものころの一大イベントを思い出した。

 

 私は、子どものころを埼玉県秩父市で過ごした。中学校から東京の学校に通っているが、それまでは、自然いっぱい、桑畑と機織の音の響くのんびりした田舎で暮らした。私の子どものころは、昭和30年代(歳がわかってしまいますが…)、生活水準が日々向上、変わっていったような気がする。

 生活を一変させた出来事が我が家の自家用車購入プロジェクトである。私がこのプロジェクトに巻き込まれることになったのは、母が自動車の免許証を取ることになったときからだ。たぶんあれは小学校低学年、Allways三丁目の夕日よりちょっとだけあとの話、秩父には当時自動車学校がなく、熊谷まで通う必要があった。熊谷の自動車学校だってまだできたばかり、車の免許を持つなど珍しい時代、まして女性が取得するなんて教習所に驚かれたそうだ。父は仕事が忙しく、秩父に自動車学校ができるまで免許証取得は断念せざるをえない。自家用車を購入しても運転できなければ無用の長物、そこで、このプロジェクトは母の免許証取得から始動したのだ。

熊谷まで秩父鉄道で片道1時間、熊谷で乗り換えて高崎線で籠原駅まで行き、そこから徒歩だった…よく覚えていないが、まる1日がかり。夏休みに私は母に連れられて、通った。1時間程度の実技訓練の間、自動車学校がよく見える土手に座って母の運転を眺めていた。同乗は許されない規則となっていたが、教官が一人ぼっちの私を可哀そうと思ってか、乗るようすすめてくれたが、これが迷惑な話なのだ。車酔いしやすい私にとって、母の急発進、教官の急ブレーキで、一層ひどい目にあった。ご親切な教官には悪いが、私はやはり土手にいて、イチゴジャム入りのコッペパンをほおばりながら、野良犬を追いかけていることを好んだ。

実技の他に講義があるようで、母は「構造」(自動車のメカニズム)が難しいと言っていたのを覚えている。「法令」と「構造」がペーパー試験の対象だった。10回も受けていると豪語しているトラック運転手志望のおじさんが、母に親切にも勉強の方法()を説いていた。当時は自動車学校内だけの運転実技の習得で、市街地での実技指導はない。免許を取得すれば、もう一人で市街地を走れるのだ。

母がとうとう自動車学校を卒業、というか、めでたく自動車免許を取得した。おそろしいことに早速自家用車が我が家に到着、ダットサンのブルーバードだったような気がする。ダットサンは日産に吸収されて無くなったと思っていたら、日産の小型車レンジの商標だったそうで、快進社自働車工場(自ら働く車なのでしょうか…)の創始者3名の頭文字DATをとり、これを「脱兎」にかけ、さらに息子という意味でSONをつけてみたら、「損」と日本語では読んでしまうので、太陽の意味でSUNとしたとか。

我が家の初代の車は、多分中古の茶色だった。父に聞くと30万円したとか。事務職の女性を1カ月1万円未満で雇用できた時代。高額な買い物であった。しかし、冬の寒い日にはエンジンがかからず、手回しハンドルをフロントに入れてぐるぐる回してエンジンをかけたり、峠道ではオーバーヒートして水をかけてみたり、ダブルクラッチとやらでエンストは何度も、などのトラブルが続く車であった。

大金を叩いて購入したのだから、我が家は何かと自家用車に乗って出かけることを好んだ。私にとっては、車に酔ってばかりいるので、極力乗りたくはなかったが、無理やり付き合わされた。車酔いは不幸にも小学校卒業するまで続く。

当時は、庶民のほとんどはバスや電車、自転車に健脚が交通手段だった時代である。自動車が走っていても、バスやタクシーで自家用車は限られていた。秩父と熊谷を結ぶ幹線道路も少し前に八間道路(ハチケンドウロと読む、14.5mくらいの幅、当時は目を見張るほどの広い道に思えた)と呼ばれる道幅に拡幅されていた。車の時代到来を見据えた工事だったのか。あの時代に拡幅工事をしていなかったら、道幅を広げるのは困難の極みだろう。荒船清十郎という名物代議士のおかげか…

秩父から東京へ行くには、電車で片道3時間以上かかっていたと思う。そこで自家用車で東京へ行くことが計画された。秩父から熊谷に行き、国道17号で東京へ向かう。途中、熊谷にある水戸屋というドライブインで休憩、五家宝(陸稲の菓子で黄粉がまぶされている、当時はおいしいと思った)というお菓子を買って食べたものだ。関越道など高速道路のない時代だ。もちろんカーナビもないので、地図を頼りに行くのだが、東京はさすがに秩父と違い、自家用車も多い。トロリーバスや市電も走っている。車線も1車線ではない。信号機も複雑だ。

車線変更の経験のない母が他の車線へ移動したとき、どこからか怒鳴り声が聞こえてきた。大きな交差点のど真ん中で、エンストして立ち往生、「旦那さんが運転しろ!」という声がかかる。でも父は免許証がないので無理。ようやくエンジンがかかり、この機を逃してなるものかと赤信号なのに堂々と右折した…私は目をつぶって全身に力を入れ、まるでジェットコースターのような体験、これも長い人生にはよい経験と前向きに考えるのが我が家のよいところ、恐怖の東京巡りは終わった。結局、時間的には電車とそうは変わらなかったのではないかと思う。だた手に汗握る体験は電車ではできないと思った。

秩父はセメントの町だけあって、夜中にセメント工場から粉が降ってくる。中古の茶色はそれが目立つ。これに懲りて1年後、2代目は新車で白色のブルーバードとなった。新車は120万円もしたとか。毎日車にカバーをかけ、それはそれは大切にしていたと思う。こうして我が家の自家用車購入プロジェクトは一応の終結となる。

 

坂本 裕子
(監査法人A&Aパートナーズ  パートナー・公認会計士)

(近況)
とうとう××に到達!顔のたるみ、目じりのしわが気になります。一生懸命顔のマッサージ…TV体操も頑張っています。地道な努力が実を結ぶと信じて…!

2008.04.21

禁煙の方法

最近、このブログで禁煙の話を書いたスタッフがいましたが、そのスタッフは「禁煙セラピー」という本を読んで禁煙したそうです。最近禁煙を始めた私も実はこの本に影響を受けた一人です。

 

「禁煙セラピー」は1100本のタバコを30年以上吸い続けたイギリスの公認会計士が考案した禁煙の方法で、世界中で出版されています。日本では「禁煙セラピー」として出版されていますが、原文は「Easy Way To Stop Smoking」、つまり、「簡単にタバコを止める方法」です。禁煙というと、タバコは健康に悪いため、本当はタバコを吸いたいのに我慢するというイメージがありますが、「禁煙セラピー」の考え方は全く異なります。つまり、タバコを吸うことはなんのメリットもないことであり、これに気づくことによりもうタバコを吸う気がしなくなるというものです。私は禁煙を始めるにあったて何冊か禁煙に関する本を読んでみましたが、「禁煙セラピー」で書かれていることは他の禁煙本と内容がよく似ています。「禁煙セラピー」は他の禁煙の方法にも多くの影響を与えているようです。

 

タバコを吸うと、血中のニコチン濃度は30分もすれば低下し、ニコチンの禁断症状であるイライラ・不快感が始まります。これは次の1本を吸うまで続き、時間がたつほどにイライラは増加していきます。ここで次の1本を吸うと禁断症状は解消されるため、喫煙者はタバコを吸うと非常にリラックスし、ストレスが解消されたと感じるわけです。実際には前のタバコを吸ったことが原因で生じた禁断症状が解消されて、普通の状態に戻っただけなのですが、喫煙者の脳はタバコがリラックスをもたらすと錯覚してしまうのです。ところが、この1本を吸ったことにより、また30分経過するとイライラが始まってしまい、そのイライラを解消するために、また次の1本を吸うということをひたすら繰り返すことになります。禁煙をすれば体内のニコチンは1週間ほどで消滅してしまうため、このイライラが生じることはもうなくなりますが、タバコを吸っている限り、死ぬまでこのサイクルから逃れられないのです。年月がたつにつれて喫煙者の体はタバコに完全に依存してしまい、タバコをコントロールすることはもはや不可能となります。心身ともにタバコに支配されてしまうのです。

 

基本的に神経を集中させて考える仕事の場合、タバコの量が多くなる理由がわかります。分筆業等クリエイティブな仕事をしている人はタバコを吸うイメージがありますが、これは集中力を有する仕事のためでしょう。会計士の仕事もストレスがたまるとともに集中力が必要とされます。このような仕事についている人はタバコの禁断症状のイライラが気に触るため、タバコを吸いながら、イライラを解消した状態でしか仕事に集中できなくなっているのかもしれません。私も難しい問題を考えるときは喫煙所にこもってタバコを吸いながら考えることがありましたが、これもタバコを吸い続け、イライラが起こらない状態にしなければ、集中力を高めるのが困難だったからだと思います。

 

最近は禁煙の場所が増えてきて、スモーカーはいつもタバコを吸う場所を気にしています。会社によっては建物の外でしか吸えないところもあります。家に帰っても外に出て吸う人もいるようです。結局、スモーカーはノンスモーカーより常に余計なストレスを感じているのです。また、医師は自身はおろか周囲の健康まで害するタバコは百害あって一利なしと言います。この本はタバコが全く必要のないものと理解させてくれるものであり、禁煙したいと思っている方にとって強い味方になってくれるものと思います。

岡 賢治(オカ ケンジ)

東京都出身

最近はまっていること:これから沖縄の離島にはまりそうです

2008.04.14

40歳になったんですが

 ちょっと前の話ですが、去年の12月にちょうど40歳になりました。

 区切りの年齢のことを考えると、20歳のときは大学生で、地方出身の私は成人の日も実家にも帰らず、かといって当時住んでいた横浜市の成人式に出るでもなく、20歳ということに特別な思いもなく過ぎて行ってしまいました。

 30歳のときは、自分の年齢など気にも留めてなかったので、気がついたら31歳になっていました。そのころは、自分が29歳なのか31歳なのか、計算しないとよくわからないほど、自分の年齢について意識がありませんでした。

 でも、40歳になった去年は「もう、40歳か」と自分の年齢についてしみじみ考えてしまいました。

 人生80歳だとすると、40歳はちょうど人生の半分を折り返す年齢です。働く年齢も20歳から60歳だとすると、40歳はだいたい半分を過ぎたところとなります。(最近は65歳かもしれませんが)

 その40歳になる年に所属していた監査法人がなくなって、人生の選択(ちょっと大げさですが)を迫られ、あとの半分をどう過ごそうかと考えましたし、いろいろな意味で勉強になった、思い出深い年になりました。

 そういう意味でも、40歳という年齢は特別な感じがします。 こんな感じの話を出張帰りの新幹線の中でKくんに話したところ・・ 

 Kくん:「そうですね。40歳はこれから下り坂って感じですよね。」

     :「・・・・・・・・・。」(ちょっとにらむ)

 Kくん:「いやいや、そういう変な意味じゃないんですよ。」

     :「・・・・・・・・・。」(ちょっとにらむ)

 Kくん:「いやいや、ほら、40代から性的にも下り坂っていうじゃないですか。」

     :「・・・・・・・・・。」(さらに、にらむ)

 Kくん:「いやいや、違いますって。いやー、日本語って難しいですね。」

     :「・・・・・・・・・。」 

 そんな話してるんじゃないんだけど・・。

 とにかく、折り返して下り坂と言われないように、41歳(本厄)になる今年もがんばりたいと思います。

(プロフィール)

村田征仁(むらたまさひと)

長崎県出身 横浜国立大学経営学部卒

(ひとこと)

大事を成さんと欲する者は、まず小事を務むべし。

2008.04.7

かき氷の効果

 

A&Aパートナーズには、喫煙者が多いです。最近ではめずらしいと思うのですが、事務所内に立派な喫煙ルームがあり、常時数人がたむろ(仕事か?)しています。タバコを自由に吸える場所が年々減っているらしく、喫煙ルーム内の喫煙者の皆様は幸せそうな顔で煙を肺いっぱいに吸い込んでいます。

そういう私は、タバコを止めて2年経ちました。11箱、10年以上は吸っていたと思います。タバコを吸ったことのない方はご存じないと思いますが、タバコはうまいんですよ。とくに私の吸っていたキャスターマイルドは最高でした。食事の後、コーヒーをすすりながらの一本は格別でしたね。また、キャンプに行って焚き火の傍で、酒でも飲みながら焚き火の薪でタバコに火をつけて・・・ なんてカッコイイと思いませんか?

ですので、喫煙者に対しては特に悪い感情はないです。禁煙を勧めたりもしません。それどころか、最近の喫煙者虐待の潮流をよく我慢できるなぁ・・・と感心したりしています。よほどの忍耐力がないと、このご時世では喫煙者でいられないと思うんですよ。

この逆境のなか、あえてタバコを吸う方々には申し訳ないですが、他に書くネタもないため私の禁煙談でも書こうかと思います。下の方でタバコをこよなく愛するブログを書いている方、申し訳ありません。

これから禁煙しようと思う方、禁煙中の方の参考にでもなれば幸いです。

 

(タバコを止めたきっかけ)

とくに大きな理由はありませんでした。ただ、喫煙場所に対する規制が厳しくなり、値上げもあったため、なんとなく止めようかなと思うに至りました。

 

(禁煙方法)

「禁煙セラピー」という本を読みました。詳しい内容は忘れてしまったのですが、本に書いてあるとおりにやりました。

(余談ですが、この本を買いに書店に行った際、店員のおばちゃんに「タバコ止めるの?えらいねぇ。この本もいいけど‘かき氷’がキクわよ。吸いたくなったら、かき氷を食べるのよ。試してみて。」とアドバイスを頂いたのですが、毎日会社にかき氷を持って行くわけにもいかず、実践できませんでした。誰か試してください。)

 禁煙セラピーを読んだ結果、私のとった禁煙戦略は以下のようになりました。

 

    今後一切吸わない

喫煙者にタバコを吸う理由を尋ねると、百人百通りの答えが返ってくると思います。しかしタバコを吸う最大の理由は、喫煙者がニコチン中毒であるためだと思います。

このニコチン中毒から抜け出すために、本数を減らしたり、ニコレットに頼るのは意味のない行為です。ニコチンの摂取を完全に断つ。これが一番です。数週間は体がニコチンを欲しがり、たまに副作用で体調が悪くなるようですが、時とともにその欲求は減退していきます。

私の場合ニコチンを絶った事による副作用はそれほどありませんでした。ただ体かニコチンを欲しがるため、その時にはちょっと体を動かしたり、水を飲んだりしていました(かき氷も試してください)。とにかく、タバコを吸いたくなった時は「タバコが欲しいのではなくニコチンが欲しいだけ。時間がたてばこの欲求はなくなる。」と思うようにしていました。

 

    生活習慣を変える

長年タバコを吸っていると、タバコを吸う行為自体が生活習慣となってしまっているため、その生活習慣を変える必要が出てきます。たとえば私は、目が覚めた後や食事後に必ず喫煙していましたが、これを変えるのは難しかったです。今までタバコを吸っていた時間をどうやって費やしたらいいのか戸惑いました。食事後はフラフラと散歩でもしていたと思います。

 

    タバコを吸わないことの大きな利点を思い描く

私は計画性がないので、しばしば夜中にタバコを切らしていました。また、面倒くさがりの性格のため、夜中に外にタバコを買いに行くなんてことはしません。なので、灰皿の中からまだ吸えそうなタバコを見つけて吸っていたりしました。タバコを止めるとこんな煩わしさから解放されるという事が、私にとっては大きな利点になりました。(しょぼい話ですいません。)

 

こんな感じで、タバコはすんなり止められました。今でもまれにタバコを吸う夢を見ますが、日常生活の中でタバコを欲しいとは思いません。

なんか禁煙をすすめるような文章になってしまいましたが、喫煙者の皆様は特に気にしないで下さい。では。

プロフィール

田中 亮
 2000
年公認会計士2次試験合格後、中央青山監査法人に入所。その後、経理をやったりしていましたが、みすず監査法人の解散を機に、監査法人A&Aパートナーズに入所。

(趣味)ゴルフ。インターネット。ファミスタ。

(メッセージ)関西生まれのため、強烈な関西人オーラの前では関西なまりが出てしまう事もあります。あまり、気にしないでください。