2008.03.31

ちょっと違った帰巣本能

犬や鳩が自分の巣に帰ってくることは皆さんご存知ですよね。これは今風に言うとナビゲーションシステムで「自宅に帰る」にセットしておけば案内してくれるのと同じ原理でしょうか。やはり彼らたちも自宅に戻ることが一番と考えているのでしょうか。聞いてみないとわかりませんが・・・。帰巣本能と言われているところです。帰巣本能とは、動物が遠く離れた場所から、自分の巣などに帰ることができる能力のことです。皆さんもそうでしょうか。仕事に疲れ、遊びに疲れたとき一番帰りたい(?)場所はどこでしょうか。会社に帰るのが一番なんて言っている人はいないでしょうね。あるいは行きつけの飲み屋さん的な所もありかな・・・。なんだかんだと言ってもやはり自宅に帰るという人がほとんどでしょうね。これも帰巣本能でしょうか。いやこれは動物たちの帰巣本能とは違うでしょう。「家」が大事だということです。大事な家に帰れるのは人間の記憶があるからです。転居したばかりのころ、何気なくもと住んでいた路線に乗りそうになってしまう、あるいは、乗ってしまったという経験はありませんか。これは記憶が完全に切り替わっていないからですね。ではこの記憶が途切れた時はどうなるのでしょうか。「昨日、どうやってうちに帰ったのかなぁー」恐ろしい会話です。でも意外とあちこちで聞こえているような・・・。一時的に記憶が途切れることを一過性全健忘というらしいです。これは記憶を失っている間の行動は平常通りなのだが、それを後で思い出せない症状だとものの本に書いてありました。しかし聞こえてくるのは、本当の(?)一過性全健忘ではなく単に飲みすぎの結果の症状らしい。お金を払ったところまでは覚えているけど後は・・・・。それが朝起きると覚えていない。ちゃんといつもどおりに電車に乗り、自宅に帰っているのに・・。けっしてぐでんぐでんに酔っぱらっていたわけでもないのに何故?の疑問がわきます。これは酔っ払い人間の特殊な帰巣本能でしょうか。若い頃にはこのような経験はなかったような気がします。でも記憶してないだけかもしれませんが。さきほどの一過性全健忘の症状は30歳以降の中高年に起きることが多く、再発は少ないとあります。このことから、少しお酒を飲みすぎた時におきる記憶喪失はというのはやはり、一過性全健忘という定義には入らないので、そのような経験のある方ご安心ください。 これから温かくなり花見のシーズンも到来です。お酒の好きな方、嫌いでも付き合いで飲まなければならない方、自分の帰巣本能を信じて下さい。最後に一つ面白い場面に出合ったことをご紹介しましょう。私が仕事帰りのこと。疲れ気味でしたのでグリーン車に乗りました。するとしばらくして検札が来ました。近くに乗っていたかなりの酔っ払い状況のおじさん、グリーン券を持っておらずJR乗務員から行き先を尋ねられた時、寝ぼけ眼をこすりながら「うーん、大宮」すると「はい、えっ大宮?これは小田原行きですけど・・」と唖然。帰巣本能も記憶も途切れた事例を垣間見た次第です。皆さん、お気をつけください。

中井義己
近況:目覚めの早さで犬たちもびっくりです。当然、早く寝ることにしています。というより、早く寝てしまうのですが。
最近のモットー:朝の散歩で他人とあったら挨拶しよう・・

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

現在、コメントフォームは閉鎖中です。